陶板画ってどんなもの?
What is a porcelain panel painting?

陶板画は原画を撮影したポジフィルムから写真を製版して転写した陶板を焼成して鮮やかな色を出したもので、それを組み合わせて一つの巨大な絵画としたものです。
A porcelain panel painting is a photoengraving from the positive film taken of the original paiting. The porcelain panel on which the painting was transferred is then fired, bringing out its brilliant hues. These panels are combined to create one giant painting.

変色も腐食もしないので永く保存することができ、焼物と芸術の複合した新たな芸術ジャンルと言われています。
These porcelain panels neither fade nor erode, and so can be preserved indenfinitely.Combining ceramics and fine art these porcelain panel paintings create a new genre.

陶板画を製造しているのは、滋賀県信楽町にある大塚オーミ陶業株式会社信楽工場です。
They're made by Otsuka-Ohmi.
・大塚オーミ陶業株式会社 http://www.ohmi.jp/
・大塚国際美術館 http://www.o-museum.or.jp/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。